企業検索:50音ソート
| | | | | | | | |  

北陸軽金属工業 株式会社

業種: その他機械・電気・金属(部品)

試作開発鋳造部品に特化した鋳物メーカー

当社は、試作開発部品を高品質かつ短納期で供給する鋳造メーカーである。「工場は最大の商品」のスローガンのもと、積極的な設備投資と人材育成で、CADデータ作成から、木型製作、鋳造、機械加工、品質検査まで一貫生産できる体制を整え、大手製造業の熱い支持を得ている。

独創的な鋳造技術と匠の技を融合して、オンリーワンの鋳造試作メーカーを目指す。

3Dプリンターにより製作した
砂型による鋳造品
ハイブリッド技術―砂型と
石膏鋳造の合わせ技による鋳造品

【当社の新しい取組みによる製品】
 当社は、昭和18年に前社長 長谷川 貫一が板橋区蓮沼で創業して以来軽合金の鋳造及び機械加工の分野で事業を展開してきた。我が国の産業高度化に対応すべく当社は積極的な設備投資と人材育成に力を注ぎ、データ製作から鋳造、機械加工に至る一貫体制で生産できる試作品メーカーを目指してきた。特に、自動車産業分野では豊富な実績を持ち、中でも低圧鋳造によるエンジン主要部品試作においては非常に高い評価を得ている。
 また、主要顧客の海外開発拡大にあわせて平成24年にはタイ国バンコク近郊に営業•調査拠点を設立、活動を開始している。

当社の「強み」ースピード試作と万全な品質保証

 鋳造分野では、3Dモデリングや木型製作、検査装置など様々な領域で技術開発が進んでいるが、当社は常に最先端の技術動向に目を配り、品質向上や納期短縮を可能にする先進的な技術や設備の導入に積極的に取り組んでいる。ちなみに砂型3Dプリンターではスピード試作を目的に世界最大級の装置が稼働中である。
 また、品質保証では熟練者による罫書検査や接触・非接触の三次元測定装置での寸法検査と、材料の元素レベルの検査に発光分光分析装置や完成品の内部品質検査の走査電子顕微鏡やX線観察装置を導入するなど高精度•高耐久の安定した品質の実現に向け、万全の検査体制を整えている。



取締役社長 長谷川 実


事業内容

事業内容
アルミニウム合金鋳造、マグネシウム合金鋳造、精密加工、他各種金属鋳造
品質規格
ISO 9001:2008認証取得
環境規格
エコステージ2認証取得

会社概要

本社
東京都板橋区蓮沼町79−19
TEL
03-3966-7381(代表)
FAX
03-3965-5563
URL
http://hokurikukeikinzoku.co.jp/
創業年
1943年
資本金
30,000千円
従業員
96名
埼玉工場
埼玉県大里郡寄居町大字赤浜字後古沢138−2
TEL
048-582-2880(代表)