企業検索:50音ソート
| | | | | | | | |  

有限会社 岡部製作所

業種: その他機械・電機・金属(製品)

金属加工技術で自社品を開発・商品化

航空力学の知識を応用した水流の仕組みの研究で、使いやすく節水効果の高いオンリーワンの節水・止水蛇口を開発し、区内小中学校他で利用が広がっている。

大量生産品の試作品加工から自社製品の開発・商品化

「定流量弁」
水量感、使い心地は
変わらず40%節水

 創業者の社長(現 専務の父)は、戦闘機整備で培った技術を活かしてメーター類の部品加工などを行っていた。現在会社の実務を担う専務は、父である社長より「若い頃、徹底的に鍛えられた」と話す。当社工場の主要設備は20~30年前に導入した旋盤やフライス盤である。これらの汎用加工機を駆使して、これまでは大量生産品の試作品や企業向けのオーダーメイド製品の製作が主であった。自社製品を手がける現在でも、試作品、オーダーメイド関連の売上が5割程度である。
 自社製品として商品化した節水蛇口の開発には25年程前から、「下請だけではいずれ“ジリ貧”になる」との意識があって取り組んだ。最初に商品化したのが節水蛇口「定流量弁」である。これは、どんなにカランをひねっても蛇口からは一定量の水しか出ないものである。蛇口部分に特殊な泡沫機構を施し、水に40%程空気が混ざるようにした。これにより、少量の水でも水量感を出すことができ、使い心地は普通の蛇口と変わらない。完成した「定流量弁」を板橋区に営業したところ、すぐに採用が決定した。その後、板橋区内の幼稚園、小中学校の新築、蛇口交換の際には「定流量弁」が採用され、現在ではほとんどの幼稚園、学校に設置されている。

「定流量弁」に、止水機能を付加して「ふりピタ蛇口」に

「ふりピタ蛇口」
節水機能に、簡単で
確実な止水機能を付加

 「定流量弁」に続いて開発・商品化したのが、止水機能を付加した「ふりピタ蛇口」である。これは、「ノズルを振るだけ」で水を止められる蛇口である。この止水機能のベースは、大手住宅設備機器メーカーからの依頼で当社が開発した「定量止水」機構である。25年ほど前に簡単で極めて高い「止水」機能を実現していたのだが、大手メーカーでは、止水機能は低いがコストの安い機構を採用して製品化し、当社機構は採用されなかった。「ふりピタ蛇口」には、止水機能とともに「定流量弁」 と同様の節水機能があり、某ラーメンェーン店では40店程のチェーン店舗で「ふりピタ蛇口」に交換した結果、年間約1,000万円の水道料金・ガス料金が節約できたとの報告もある。 「ふりピタ蛇口」は、「日常の生活動作の中で簡単に節水を実現できること」が高く評価され、2007年に板橋製品技術大賞の「環境賞」を受賞している。


専務取締役 岡部 輝男

事業内容

主要品目
節水蛇口、止水蛇口、
試作品加工、
オーダーメイド製品加工
その他
板橋製品技術大賞 環境賞
(2007年度)

会社概要

TEL
03-3960-0793
FAX
03-3960-6595
URL
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/okabe/sato/
住所
東京都板橋区泉町20-2
創業年
1967年
資本金
300万円
従業員
2名